いしのまきビジネスインデックス
震災からの復興・石巻地域の製造業の情報を掲載
サイトマップ
トップページ 企業情報 このサイトについて お問合せ

協同飼料株式会社 石巻工場
   
会社PR
  ■食卓を支えるフィード・ワンの配合飼料
お肉、鶏卵、牛乳や乳製品、お魚、私たちの食を支える大切な食材。消費者にとってこれら食材は、安全・安心は当たり前、おいしさを常に求めています。それら畜産物と養殖魚のおいしさや、安全・安心、品質、安定供給を支える配合飼料の開発、提供しているのがフィード・ワンなのです。

■科学を餌袋に詰めて生産者に提供
配合飼料とは、鶏、豚、牛など、食肉や卵の生産のために飼育される家畜に与えられる餌であり、重要な生産財です。配合飼料は、穀類を主体に多種類の原料を混合して、必要な栄養を供給できるようにしたものでありますが、ただ単に原料を混ぜ合わせたものではありません。特にフィード・ワンの配合飼料は、最新の家畜栄養学、加工技術を基に、安全、安心、美味しさを追求したハイクオリティーな製品であり、まさに科学を餌袋に詰めたものなのです。またフィード・ワンは、コストパフォーマンスの良い配合飼料を開発、製造、販売すると共に、当社で蓄積された飼養技術・ノウハウなどをお客様に提供しております。フィード・ワンは、配合飼料の製造・販売だけに止まらず、我が国畜産業界の発展を全力でサポートする会社なのです。

■食の栄養のもとになる配合飼料
鶏卵、鶏肉、豚肉、牛乳、牛肉、そして養殖の魚類は、私たちの食卓にのせられる重要な食材です。こうした畜産物、水産物を安全・安心で、美味しい食品として提供するには、良質な家畜や養魚を育てなければなりません。そのために「優れた配合飼料が欠かせない」と、私たちは考えています。フィード・ワンでは「配合飼料は食品の礎」と捉え、原料の安全性を確保して、家畜、養魚の種類と発育ステージ(育成段階)ごとに最適な栄養バランスの配合設計と、家畜・水産生産者の生産性の向上に寄与できる配合飼料を開発・提供しています。

■技術のフィード・ワンと呼ばれる配合設計
家畜を健康に育て、良質な食肉や卵を、より多く生産するための配合飼料。その開発、生産の基盤となるのが、家畜栄養学や家畜飼養学といった科学的知見に基づいた「配合設計」です。当社は、畜種ごとに細かく分けられた発育ステージに対応して、必要とされる栄養成分、飼料の形状、給与方法(餌の与え方)などを追究し、これを最適に実現する配合設計で飼料を生産しています。フィード・ワンには、長年の研究・技術開発と試験農場での実証の積み重ねにより、高度な栄養分析技術、家畜の栄養と発育に関する膨大なデータ、世界各地で生産される原料の分析情報の蓄積があります。また、世界の先進的な研究機関、飼料メーカーとも技術情報の交換を活発に行っています。こうした技術力、情報力をベースにした開発、配合設計、生産、コンサルテーションと販売の一貫体制により、生産者の方々から「技術のフィード・ワン」と称され続けています。
会社施設
 
 
石巻工場
 
   
会社概要
 
事業所名 協同飼料株式会社 石巻工場
所在地 〒986−0846  宮城県石巻市三河町9
代表者 工場長 濱野 真司
資本金 (万円) 519,900
電話 0225−95−1313
FAX 0225−94−0187
E−mail  
URL http://wwwfeed-one.co.jp
従業員数 12人(内パート・アルバイト0人)
創業年次 1946年
法人設立 1946年
売上高 (万円) 10,790,000(2012年3月期)
主な取引先 三井物産、丸紅 他
業種 配合飼料製造業
主要設備 原料サイロ、バンガーサイロ、ホッパースケール等
主要製品 配合飼料
   
会社沿革
 
1946年
協同飼料株式会社設立
1967年
東京証券取引所市場第一部に上場
1980年
石巻工場開設
1981年
米国・カーネーション社(現マンナプロ社)と技術提携
1984年
大韓民国・三養社と技術提携
1997年
米国カールス・エイキー社と技術提携
2004年
牛用飼料の製造工程分離
2005年
ISO9001取得・品質保証部設置
2008年
抗菌剤GMP認証取得
   
 
トップへ
   
 
Copyright(C) 2013 ISHINOMAKI BUSINESS INDEX. All rights reserved.